top of page
  • 株式会社プラスアルファ

遮熱塗料に効果がないってほんと?使ったお客さんに聞いてみた

こんにちは、あるいはこんばんは。

株式会社プラスアルファの島田です。


遮熱材リフレクティックスという製品で、暑さ対策リフォームをしてます。


この記事では、



「遮熱塗料には効果がないって聞いたけど、ほんとうにそうなの?やっても大丈夫かなあ?」


こんな疑問に答えます。



この記事の目次


1.結論、効果はゼロではない

2.注意点①劇的な効果ではない

3.注意点②このお客様は、工場に塗った

4.注意点③経年劣化の考慮を忘れずに

5.まとめ

6.宣伝:遮熱材も検討してみてください



それではさっそく本題に入りましょう。




 

1.結論、効果はゼロではない

 
実際に使ったお客さんに聞いてみました…

最初に結論を言うと、効果はゼロではありません。


実際に遮熱塗料を使ったお客様にお話を聞いてみると、


「何もしてないところに比べると、確実に涼しくなった。」


と仰っていました。


ですが、注意するべき点もありました。


 

2.注意点①劇的な効果ではない

 
涼しくはなりますが、快適!ではない

どれくらい涼しくなったんですか?と聞くと、


40℃だった工場が、36~37℃くらいになりました。」


とのこと。


たしかに3~4℃涼しくなっていますが、


それだけでいい!というほど涼しくはならなかったようです。




 

3.注意点②このお客様は、工場に塗った

 
✅工場には、あるものがありません…

このお客様は、工場の屋根に遮熱塗料を塗りました。


工場は、普通の住宅と違い「天井」がないことが多いです。

もちろん、この工場にも天井がありません。


金属の屋根が直接見えているので、


室温は、屋根の温度に大きく影響されます。

通常の住宅では、屋根と居住空間の間に


天井裏というスペースと天井があるため、


これほど暑さの違いを実感できるかはハテナです。



 

4.注意点③経年劣化の考慮を忘れずに

 
✅もちろん塗装なので、劣化します。

普通の塗装でも、何年かに一度塗装をし直す必要があります。


遮熱塗料もそれは同じ。


外にさらされていますし、経年劣化します。


どれくらいの時間でどれくらい効果が減るのかは


研究が進んでいる途中ですが、


消耗品であるという意識は持っておくべきでしょう。



 

5.まとめ

 
✅手軽にできる暑さ対策だが、注意点あり

まとめると、遮熱塗料は条件によっては涼しくなり、


比較的手軽にできる暑さ対策です。


注意点は

①劇的な効果ではない

②住宅では工場ほどの効果はでない可能性あり

③寿命がある


という3点です。



 

6.宣伝:遮熱材も検討してみてください

 
✅42℃の倉庫が29℃になった遮熱材リフレクティックス

ここからは宣伝です。


私たち株式会社プラスアルファは、遮熱材リフレクティックスで暑さ対策リフォームをしています。


リフレクティックスとは、42℃の倉庫を冷房なしで29℃にしたこともある遮熱材です。


興味があるかたは、下の記事も読んでみてください。


・冷房がなくて42℃だった工場を29℃にした遮熱材リフレクティックス


・うちの2階が「35℃の日でも28℃」な秘密|遮熱材リフレクティックス



 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

疑問や面白かった点など、コメントしていただけると嬉しいです。

閲覧数:40回0件のコメント
bottom of page