top of page
  • 株式会社プラスアルファ

戸建ての2階が暑くなる理由と、知られていない解決方法

更新日:2022年6月21日

こんにちは。株式会社プラスアルファの島田です。


暑さに悩む戸建て住宅や工場を、涼しくする仕事をしています。


この記事では、


「戸建ての2階がとにかく暑すぎる。対策を知りたい。1階と2階の温度差がすごくて、階段を上るたびにムアっと熱くなるのをどうにかしたい。」


こんなお悩みに答えます。




✅この記事の目次

 

結論:戸建ての暑さに一番効くのは「遮熱シート」です。

弊社でやる場合、お値段は大体これくらい。(2パターン紹介)

なぜ遮熱シートが一番効くのか?

「遮熱シートは意味がないとデータが出てる」←これに反論します。

弊社が採用しているのは、遮熱材リフレクティックスです。

 

こんな感じの内容です。


それではさっそく本題に入りましょう。




 

結論:戸建ての暑さに一番効くのは「遮熱シート」です。

 

結論だけを言うと、遮熱シートが一番効果的です。


実際に、遮熱材を使ってどれくらい涼しくなったのか、証拠のデータがこんな感じ。


施工前の屋根温度
施工後の屋根(翌日)

これは、遮熱材を施工する前後の、屋根裏の温度です。


どちらの写真も8月の15時に撮影し、外の温度は35℃の日でした。


遮熱材リフレクティックスで、屋根裏の温度は10℃下がっています。


1階と2階の温度差は、約1℃程度になりました。


✅屋根温度は-10℃、1階と2階の温度差は1℃




 

弊社でやる場合、お値段は大体これくらい。(2パターン紹介)

 

遮熱材で戸建ての暑さ対策をする場合、やり方は2パターンあります。


①内側から屋根裏に貼る場合 ・1㎡あたり5,000~7,000円 ②外から屋根の上に貼る場合 (※上からかぶせる屋根代込み) ・1㎡あたり15,000円~2,5000円


✅それぞれのメリットデメリット(後で詳しく説明)


①建物の内側から屋根裏に貼る工法

👍メリット

・値段を抑えられる

👎デメリット

・室内が少し狭くなることがある


②外から屋根の上に貼る工法

👍メリット

・屋根の補修を同時にできる(メンテナンスフリー)

👎デメリット

・屋根材分の値段がかかる



 

なぜ遮熱シートが一番効くのか?

 

2階の暑さの原因は「屋根からの放射熱」だから


2階の暑さの原因は、屋根が熱くなることです。


日差しを浴びた屋根は、材質によっては70℃を超えることもあります。


2階を涼しくするためには、いかに屋根からの熱を防ぐか、が重要です。



✅屋根からの熱の伝わり方は?


では、屋根からの熱はどう伝わってくるのでしょうか?


1つは、屋根に接している空気に「伝導」で熱が伝わります。


これが一番大きな気がしますが、実は割合としてはとても少ないです。


温められた空気は、上に上がります。


当然、2階は屋根の下側にあるので、伝導(と対流)では熱はあまり伝わらないというわけです。



✅屋根からの熱は「放射」で伝わる。


伝導、対流ではあまり伝わらない、屋根からの熱。


ほとんどは「放射」で2階に伝わってきます。


放射とは、熱エネルギーが電磁波に変換され、飛んでいって伝わること。


一番身近にある放射は、直射日光です。


屋根から下方向への熱移動は、93%が放射によるという調査結果もあります。



✅遮熱シートは「放射」を防ぐ素材


断熱材は、伝導と対流をゆっくりにする素材です。


対する遮熱シートは、電磁波を反射して放射を防ぐ素材です。


屋根から下に向かう熱の93%が放射なので、放射を防ぐ遮熱シートが効果的なのです。



 

「遮熱シートは意味がないとデータが出てる」←これに反論します。

 

「遮熱材には意味がないとデータが出てる」


こうおっしゃる工務店さんや、設計士さんが結構いらっしゃいます。


もちろん、嘘を言っているわけではないのですが、かなり、誤解を招く表現です。


この「データ」というのは、


「断熱材をしっかり使っている屋根に遮熱シートを追加で施工しても、あんまり効果がありませんよ」

というデータです。(間違いありましたら、ご指摘お願いします。)


でもこれって、逆もまた然りな話なわけです。


海外の論文を見ると、遮熱シートが効果あるという論文もかなり出されています。


(詳しくは:「遮熱材に関する論文紹介」参考)


それに、現実、効果が出ています。


(これは遮熱材を使ったことのある工務店さんならわかると思います。)


実際に選んでいただいたお客様に満足してもらえているので、弊社は遮熱材を採用しています。





 

弊社が採用しているのは、遮熱材リフレクティックスです。

 

✅遮熱材の中でも一番性能が良い


断熱材の性能は、「熱抵抗値」で決まり、遮熱材の性能は「反射率」で決まります。


弊社が採用しているのは、遮熱材リフレクティックスという製品です。


リフレクティックスの反射率は99%。


これは、他の遮熱材では出せていない反射率です。



✅なぜそんな反射率が可能に?


遮熱材リフレクティックスを生産しているのは、アメリカのリフレクティックス社です。


リフレクティックス社はもともと、宇宙産業のための反射技術を開発していた会社。


その高い技術力から、NASAに技術供与をしていたほどです。


その反射技術を応用して生まれたのが遮熱材リフレクティックスなのです。



✅他の製品で効果がなかった人も、お試しください


残念なことに、効果が出ない遮熱材も世の中に出回っています。


リフレクティックスを施工されるお客様の中にも、これまで色々試したというお客様も多くいらっしゃいます。


リフレクティックスは、自信をもって効果が出ると断言できます。


ぜひ、お試しください。



 


✅遮熱材リフレクティックスをもっと知りたい方

↓↓

発表:戸建ての2階の暑さ、ついに解決


✅詳しいお値段を知りたい方

↓↓

問い合わせる

閲覧数:586回0件のコメント
bottom of page