top of page
  • 株式会社プラスアルファ|島田

ソーラーパネルは暑さの原因でした:太陽光発電の最大のデメリット

こんにちは。

株式会社プラスアルファの島田です。


今回は、お客様の倉庫を調査していて知った

衝撃的な事実をシェアします。


タイトルにもある通りですが、

ソーラーパネルは暑さの原因でした。





事の発端は、お客様からの暑さの相談でした。

ソーラーパネルがたくさん取り付けてある

倉庫の暑さにお悩みだったお客様。


ソーラーパネルを全部外すとなると

さすがにお金がかかりすぎるので、

どう施工したもんかなと考え


「ソーラーパネルは日陰になるから涼しいんじゃないか!?」


と閃きました。


そこで、ソーラーパネルの下の温度を測ってみたところ、、、





この涼しくなってる部分、まさかの

「ソーラーパネルがない部分」でした。


調べてみると、ソーラーパネルは

発電するとき70℃くらいになるそう。

参考:https://sma-ene.jp/column/7880/


よく考えるとパネル自体黒色ですし、

熱くなるのは当たり前かもしれません。


「ソーラーパネルは日陰を作るので

今よりも涼しくなりますよ。」


というのは、太陽光発電の会社では

当たり前のように言われている勧誘文句です。


論理が通ってるように聞こえますが、

実際はこう。


むしろ、パネルがない部分よりも

暑くなってしまっていました。


東京都がソーラーパネルの設置を

義務化するとかしないとか。。。


導入を検討中のお客様は

お気を付けてご検討ください。。。

閲覧数:41回0件のコメント
bottom of page