top of page
  • 執筆者の写真株式会社プラスアルファ

見落としがちなコンプレッサーのオーバーヒートの原因

更新日:2023年10月9日

プラスアルファの島田です。


10月に入って、ようやく秋めいてきました。今年の酷暑は異常でしたね。


「工場のコンプレッサーがダウンして仕事にならない…」


というお話を聞く回数も、例年より多かった気がします。


お客様からコンプレッサーの熱対策の相談を頂き、色々と調べていたんですが、なかなか興味深いことを知りましたので、皆様にもご紹介させていただきます。



意外と大事な「排気」のポイント


コンプレッサーの熱対策の相談をされ、「どうやって吸気温度を下げるか?」という事ばかり考えていました。


そこで、排気ダクトに反射材を巻いて室温が上がるのを防ごう!と考えたのですが、


「ダクトの中に熱がこもって、逆効果になってしまわないか?」


という懸念が。


そこでメーカーに問い合わせたところ、「排気ダクトの形」が重要なポイントだそう。


スペースの関係なのか、排気ダクトをスカート状に絞っているケースがありますが、


そういうケースではダクトへの反射断熱材の施工はかえって逆効果になることもあるそう。


コンプレッサーのダクトが絞られている形状のイメージイラスト
絞っているダクトのイメージ

コンプレッサーの排気口は、発生した熱を逃がすのに必要な風量が確保できるサイズで設計されています。


しかしダクトを絞ってしまうと、排気できる風量が減ってしまい熱を排出しきれなくなってしまう事があるとのこと。


細かくは、


①ダクトの断面積が狭くなっていないこと

②ダクトの長さが6m以内であること


という条件であれば、ダクトへ反射断熱材を施工すると非常に効果的だということでした。


まずはダクトをまっすぐにするだけでもオーバーヒートしなくなることがあるそうです。


ぜひ一度、ご確認してみてください。


 

反射断熱材でコンプレッサーの熱対策


以下、セールスです。


コンプレッサーの排気ダクトへ反射断熱材を施工することで、

コンプレッサーからの熱の影響を減らすことができます。


コンプレッサーのダクトに反射断熱材リフレクティックスを施工したさーもしゃしn

反射断熱材が施工されたコンプレッサーのダクト

この施工はコンプレッサーダクトに限らず

ダクト全般へ施工が可能です。


冷風が通るエアコンダクトの結露を防いだ事例もございます。

興味がある方、ぜひお問い合わせください。



閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬季休業のお知らせ

平素より格別のご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。 さて、誠に勝手ではございますが、下記日程にて冬季休業とさせていただきます。 冬季休業:2023年12月27日(水)〜2024年1月3日(水) 期間中はご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 ※2024年1月4日(木)からは通常営業となります。 ※期間中のお問合せについては、2024年1月4日(木)以降のご返答となっ

冬季休業のお知らせ

平素より格別のご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。 さて、誠に勝手ではございますが、下記日程にて冬季休業とさせていただきます。 冬季休業:2021年12月28日(水)〜2022年1月4日(水) 期間中はご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 ※2023年1月5日(木)からは通常営業となります。 ※期間中のお問合せについては、2023年1月5日(木)以降のご返答となっ

Comments


bottom of page