top of page
  • 株式会社プラスアルファ

人手不足に悩む工場が投資するべき唯一のあるもの

こんにちは。株式会社プラスアルファです。


今回のテーマは、「人手不足に悩む工場が投資するべき唯一のあるもの」についてです。


製造業の人手不足は深刻な問題になっています。 色々な企業の社長さんが解消方法を探していると思います。

実際、弊社が付き合いのある工場も、 人手が足りなくて困っていると言っていました。 そこで今回は、製造業の人手不足を解消する方法について 考えていきたいと思います。


人手不足になる2つの要因


そもそも、企業が人手不足になるのはパターンは2つしかありません。


  1. 離職者が多い

  2. 新入社員が少ない


この2つです。 理論的には、「離職者を減らし」、「新入社員を増やす」ことができれば、 企業の人手不足は解消されるはずです。 この2つをクリアするには、いろいろと問題はあります。 今回は、お金を払えばクリアできる 「あるもの」に絞って考えてみたいと思います。 新入社員を増やすには手間やお金がかかりますし、 離職率が高ければ、入れても入れてもいなくなっていきます。 まずは離職者を減らすことを考えてみましょう。



工場をやめたい理由TOP3は?


まずは、離職者について考えてみましょう。 ディップ株式会社が行ったアンケートでは、 製造業の経験がある人の6割が一年以内に退職をしていたことがわかりました。 また、製造業に就職して3か月未満の人の内、32%が辞めたいと答えています。 また、辞めたい理由のTOP3は次のようになっています。

  1. 仕事のやりがいがない(44.4)

  2. 職場環境が整っていない(40.7)

  3. 給与が仕事のわりに不十分である(37.0)


どこを改善できるのか考えてみる


仕事のやりがいがない


経営者の目線で見てみると、 仕事のやりがいがないのは基本的に本人の問題です。 社内の文化や体制、先輩たちの昇給具合など、 仕事にやりがいがない理由を見つけることもできると思いますが、 基本的にやりがいを見つけようと思えば どんな仕事でもやりがいを見つけることはできます。 こちら側でやりがいを用意してやることもできます。 歩合制なんかは代表的なやりがい「給料」を企業が用意していますよね。


職場環境が整っていない


ここが企業が一番簡単に着手できる対策かと思います。 具体的な職場環境とは、「暑さ」「寒さ」 仕事を続ける理由を作るのは骨が折れますが、 辞める理由をつぶすのはわりかし簡単にできると思います。


給与が仕事のわりに不十分である


ここも企業からすると難しいところ。 売り上げが上がらないと給与を上げるのはちょっと考えモノですよね。



ということで、、


ということで、人手不足に悩む工場が投資するべき唯一のモノとは ずばり、「暑さ・寒さ対策」です。


例えば、冷房のない倉庫を41℃から29℃にしたリフレクティックスを使った場合、 こんなメリットが考えられます。


①作業環境が改善する


リフレクティックスが暑さの最大の原因である電磁波を99%遮断するので、 工場が劇的に涼しくなります。 (どれくらい涼しいかというと、アメリカの工場では、 外気温が38.5℃でも冷房なしで28℃です)


すると作業環境が改善し、 ・従業員の作業効率が上がり、作業単価が安くなり売り上げが伸びる ・体調不良になる従業員がいなくなり、熱中症が出たらどうしようという不安がなくなる ・環境の過酷さを理由に退職する人がいなくなる ・ほかの製造業と比べて人気になり、人手不足が解消される ・優秀な従業員が残るようになり、優秀な従業員が優秀な従業員を育ててくれるようになる ・結果として、最初の環境投資だけで優秀な人材を抱えるようになり、会社が成長していく


、、、なんていったこともあるかもしれません。


②光熱費が削減する


また、リフレクティックスは省エネ率60%なので、 光熱費が半分ほど削減されて、 ・経費が削減され、純利益が増える ・浮いた資金をさらなる設備投資や、新事業への投資に使える ・従業員の賃金を増やしてあげることができる ・固定費が下がるので、これまで冷暖房費が多かった工場はかなり楽になる ということも考えられます。 つまり、人手不足に悩む工場は「暑さ・寒さ対策」に投資をすると いいことづくめなのではないでしょうか。


みなさんはどう思いますか?

ぜひコメント欄で意見を教えてください。


今回紹介した、「冷房のない42℃の倉庫を29℃にした」リフレクティックスはこちら↓↓

https://www.reflectix.net/lp3-1

閲覧数:10回0件のコメント
bottom of page