top of page
  • 株式会社プラスアルファ

ヨーロッパで研究が進む遮熱材、屋根裏改修に有望と報告

こんにちは。株式会社プラスアルファです。


現在ヨーロッパでは、既存の建物を省エネ改修する取り組みが進められています。

また、スペースを削減せずに居住空間を増やすために、

屋根裏空間を居住可能にする取り組みが進められています。


そんな中、屋根裏空間の改修に、遮熱材が有望であるという研究結果が発表されました、


報告によると、屋根の放射率に応じて、夏の熱取得量を約10%~53%削減することができたそう。


反面、冬場の熱損失の削減にはほとんど効果はなかったそうです。


原文はこちらからどうぞ

閲覧数:17回0件のコメント
bottom of page