top of page
  • 株式会社プラスアルファ|島田

「工場が暑い」←それ、月に2,000万円損しています。


こんにちは、株式会社プラスアルファの島田です。


突然ですが、暑い工場は、月に2,000万円も損しています。


工場が暑い、、、けどエアコンを導入するのはお金がかかりすぎる・・・




そう思っている企業様は多くいらっしゃるかもしれません。


ですが、実は、


工場が暑いというだけで、金銭的に大きな損失がある


のをご存じでしたか?


なぜ、工場が暑いと金銭的に損をするのか?

まずは実際に2,000万円を失っていた姫路市役所のお話をさせてください・・・



 


7~8月の冷房の設定温度を25℃にしたら、2ヶ月で4,000万円も浮いた話



姫路市、冷房を28℃から25℃にする。




2019年7月、姫路市が「冷房の設定温度を28℃から25℃にする」と発表しました。


この話に聞き覚えがある人もいるかもしれません。


当時、環境省は省エネやクールビズの推進中


設定温度は28℃にするようにと大々的に運動していたころです。。


姫路市のこの発表は、環境省の方針に逆らうことになります。


そのため、当時大きな注目を集めました。




28℃から25℃にした結果




2019年の7月~8月、姫路市はエアコンを25℃設定で運用。


10月に、検証結果を発表しました。


====


結果1.残業時間がすごい減った

  ・7~8月の職員の残業時間が17,034時間減少


結果2.人件費がすごい減った

  ・人件費が4,000万円減少

  これは残業代が減ったからですね。


驚きの数字です。


結果3.電気代が減った

  電気代が130,466円減少(1.8%減)

  庁舎の稼働時間が減ったからでしょうか。


結果4.ガス代が増えた

 ・ガス代が201,112円増えた(6.3%増)


結果的に、光熱費は前年同期間と比べて約7万円ほど増加しました。


====

 

室温と作業効率には大きな関係がある



室温が1℃上がると、作業効率は2.1%DOWN




2004年に日本のコールセンターで行われた実験があります。


室温と、従業員が電話を取る回数・タイピング数を測定する実験です。


実験の結果、判明したことは、


「室温が25℃から26℃になると、作業効率が2.1%下がった」


という事実でした。


この実験は、暑さが効率を下げることを証明しています。


===


(余談ですが、寒さの実験もアメリカで行われました。



アメリカのコーネル大学の教授ら3人が行った実験




2005年、コーネル大学の3人の教授が

フロリダの保険会社で実験をしました。


フロリダは暑い地域で、一年中ガンガンに冷房が効いています。


フロリダの会社は、冷房の効きすぎで寒いところが多いそうです。


そこで、「20℃だった室温を25℃に」して、

パソコンを使って働く女性を調査したところ、


タイピングミスが44%減少し、タイピングの速度も150%上昇した


という結果がでました。


この実験の結論として、3人の教授は


快適な温度を保つことで、一人あたり1時間2ドル多くの収益を生み出す


と述べています。


===


 

さて、本題に戻ります。


日本のコールセンターでの実験結果では、


25℃→26℃で作業効率が2.1%下がった


ということでした。



じゃあどうして28℃と決められているのか?


そこには、環境省の誤解がありました。




28℃は快適な温度じゃない




28℃という決まりは何を基準にして決められたのか?


1970年に制定された、「建築物衛生法」という法律をもとにしていると考えられます。


この法律では、


「きれいで安全な建物にするために、温度は17~28℃に管理しましょう。」

と決められています。



クールビズの28℃は、この基準の上限から決められたと考えられます。



しかし、この17~28℃という温度は、快適な温度ではありません。


許容できる最低限度の温度です。


「28℃だと快適だよ!」という話ではなく、


「28℃なら、ギリギリなんとかまあ許せるかな…」


という数字なわけです。


そのため、28℃を推奨するのは間違っています



17~28℃と決められている建築物衛生法は、


ビルディングの環境衛生基準に関する研究


という研究をもとに決められました。


この研究では、冷房をつける場合の推奨値は22~24℃とされています。



僕が中学生の頃は、教室の冷房の設定温度は29℃で固定されていました。


今では、もう少し涼しい設定になってるみたいですね。



 


この話が工場とどう関係があるのか?




工場の売り上げと作業効率は直結している




工場の売り上げは、どれだけ仕事を回せるかによって変わります。


(もちろん、仕事があるかにもよりますが。)


そのため、工場というシステムの基本的な理念は

徹底的な効率化であると思います。


そして、実験で証明されているように、

快適な室温で作業効率は上がります。




人件費はエネルギー費用の100~200倍




2014年に公益財団法人空気調和・衛生工学会が発表した


「我慢しない省エネへ —夏季オフィスの冷房に関する提言—」


によると、日本や米国のような先進国では、


人件費はエネルギー費用の100~200倍にまでなるそう。


人件費を0.5~1%削減すると、

エネルギー費用全額と同額になるということです。


作業効率の改善を人件費に換算すると、

室温を快適にすることは、とても費用対効果が高いです。


つまり、


もし「お金がかかるから・・・」と考えて、

工場が暑さに対処をしてないなら、


受け取れるはずの売り上げを手放している


可能性があります。


 


かといっても、導入費用は高い


だからといって、エアコンの導入費用は高いです。



月々の電気代金も馬鹿にできません。


工場が大きくなればなるほど、

イニシャルコストも、ランニングコストも跳ね上がります。


そこで、弊社がおすすめしているのは、

ランニングコスト0円の暑さ対策。


ランニングコスト0円の暑さ対策


建物を「冷やす」のではなく、

熱くならない建物にする工事です。


これは、日本で一番大きい企業(某自動車メーカー)

某O製紙などの大企業にずっと採用されている方法です。


気になる方は詳細をチェックしてみてください。


日本で一番の企業が選んでいる暑さ対策




最後まで読んでくださりありがとうございました。


あなたはどう思いましたか?

ぜひコメント欄で教えてください。


それではまた。

閲覧数:38回0件のコメント
bottom of page