top of page

この遮熱材で、
​冷房のない42℃の工場が29℃になりました。

2021年は204,540.32㎡、一戸建て約735.3軒分採用されました。

株式会社プラスアルファ
TEL:042-796-7405

営業時間:9:30~18:00
(水曜日、第一・第三火曜日を除く)

DSC_0212.jpg
工場・倉庫がとにかく暑い!
空調費が高い…
従業員の熱中症が心配…

​そのお悩み、
熱を
99%反射するリフレクティックスで解決!!

​多くの企業様がリフレクティックスを
採用しています

KDDI-AU.png
Ōji-Seishi-Logo.svg.png
TSUTAYA_LOGO_edited.jpg
aichi-daigaku.png

​リフレクティックスを導入した結果

実際にこんな効果が上がっています、、、

室温42℃から29℃へ(13℃減)

​株式会社宇都宮工業 様(金属加工業)

図1.jpg

冷房のない工場は40℃を超えるのが当たり前で、夏場は工場に入った瞬間にムワッとするような熱気を感じていました。

今までは風が吹いても生温かったのですが、リフレクティックス施工後はさらっと涼しい風になりました。

真夏日でも本社工場で働く従業員は、汗もかかずに働けています。もちろん空調設備は一切入れていませ ん。

 

正直、予想以上に驚きの効果でした。なにせ当社自身がReflectixの特約店にならせていただいたことからも、その効果に私たちが満足していることを分かっていただけるのではないでしょうか。

​※成果や効果を保証するものではありません。

お客様の声

お客さんにリフレクティックスの感想を聞いてみました...

New file.jpeg

エアコンも諦めていたほど暑い倉庫が、まるで木陰のように涼しくなりました。

T様 菓子問屋(町田市南町田2丁目)

※画像はちょっと似ていますがイメージです。

DSC_0440.jpg

お菓子類を置いておく倉庫がとても暑く、チョコレート類が溶けてしまったり、作業する従業員の熱中症が心配でした。

あんまりにも倉庫が暑いので、エアコンを入れてもこれは意味ないだろう、と諦めていました。

そんなとき、リフレクティックスのチラシを見て、もしかしたら効果があるかもしれないと思い(株)プラスアルファさんに問い合わせてみました。

実際にリフレクティックスを導入した工場を見学して、リフレクティックスを倉庫に導入することに決めました。

リフレクティックスを入れてからは、まるで木陰にいるような涼しさになりました。これならエアコンも効くだろうと、エアコンも導入しました。

設備屋さんには10KWのエアコンを3台入れないとこの広さの倉庫は冷えませんと言われましたが、プラスアルファさんの提案で、6KWのエアコンを1台だけ導入しました。

24℃設定のエアコン1台でしっかり冷えているので、実質エアコン代は1/3になりました。(笑)

​※あくまで個人の感想であり、成果や効果を保証するものではありません。

アートボード 1.jpg

​夏の暑い35℃の日でも、2階は28℃。エアコンは1台つければ大丈夫です。

M様 目黒区 自宅に施工

※画像はあまり似ていませんがイメージです。

case-img-3.jpg

普段生活するリビングルームを増改築して、1階から2階へ移動することにしました。

今までの家では、夏、1階から2階に上がると、ムーっと強烈な暑さです。

2階にリビングと寝室を持ってくると、暑さに耐えられないのではないかと心配でした。

リフレクティックスを勧められ、採用して本当に良かった。

夏の暑い35℃の日でも、2階は28℃。エアコンは2台設置しましたが、1台つければ全然問題ありません。

冬は床暖房のみでエアコンは不要。冬にも効果があります。

寝室も暑くならず、快適に眠れています。

一番効果を実感できるのは屋根裏の物置ですね。

普通屋根裏は60℃以上のサウナ状態になりますが、リフレクティックスのおかげで外の気温と同じくらいの暑さで済んでいます。

​エアコン一つでもつければ、それこそ生活できると思いますよ。(笑)

​※あくまで個人の感想であり、成果や効果を保証するものではありません。

あなたの工場が暑い唯一の理由は、、、

断熱材で防げない3/4の熱が侵入していることです

スライド1.JPG

Infra Insulation社のアレキサンダー氏発表

​「建物における放射熱移動」による

熱の伝わり方は全部で三種類あります。

①直接触っている部分から伝わる「伝導

 

②風や水の流れに乗って熱が伝わる「対流

 

③熱が電磁波に変換され、飛んでいって伝わる「輻射(放射)

この3つです。

断熱材はこのうち、「伝導」と「対流」で伝わる熱対策の素材です。

しかし上のグラフの通り、建物を伝わる熱全体のおよそ3/4は「輻射(放射)」で伝わります。

つまり、夏の暑さの3/4は断熱材を通過してしまうということです。​

​夏の屋根は最大70℃以上に

頭の上にストーブがあるのと同じようなもの、、、

屋根から室内に伝わる熱は、93%が放射、つまり電磁波になって侵入してきます。

真夏の日差しを浴びる工場の屋根の温度は、屋根の種類によっては70℃を超えることもざら。

​70℃以上の屋根の熱エネルギーが、断熱材では防ぐことができず建物の中にまで伝わってしまうので、工場が暑くなってしまっています。

​逆に言えば、ここを防ぐことさえできれば、もしあなたの工場にエアコンがなくても、涼しくできます

そこでリフレクティックス!

​リフレクティックスって?

​8mmの薄さで熱を反射する革新素材

リフレクティックス 屋根施工の様子.png
fig-reflectix__item.png

建物に伝わる熱のうち、およそ3/4が輻射、つまり電磁波になって飛んでくる熱移動でした。

リフレクティックスは、その電磁波になって伝わる熱を99%反射する「遮熱材(反射断熱材)」です。

建物を暑くする熱の侵入を効果的に防ぐため、冷房がないのに涼しい空間を作ることも可能。

実際に、アメリカでリフレクティックスを作っている工場は、外の気温が38℃を超えていても、冷房なしで室温28℃を保っています。​

太陽からの熱を99%反射して
​木陰のような涼しさに

​8mmの薄さで熱を反射する革新素材

fig-merit1b.jpg

リフレクティックスは、熱を伝える赤外線などの電磁波を99%反射します。

​例えると、断熱材はいわば片道交互通行のような感じです。「熱さん、通ってもいいけどゆっくり通ってね」という素材です。

一方リフレクティックスは通行止めです。「そもそも通らないでくださいね」という製品です。

なので、太陽の熱が建物の中に侵入するのを防ぎ、冷房がなくても涼しい建物を作ることができます。

そもそも暑くならないので、冷房の効率もUp。すぐに涼しくなるうえに、冷房費が60%削減されます。

例えば、2台のエアコンが必要な工場が1台で涼しくなったりと、電気代節約への貢献も大きい素材です。

値段は大体いくらになる?

工場・倉庫にリフレクティックスを導入する費用の目安

リフレクティックスを施工する場合、㎡単価は約5,000~20,000円です

※施工方法や建物の状況によって変わります。

※お客様の建物を確認しないとはっきりとした値段は出せません。

現地調査・お見積りは無料でさせていただいております。

ご希望の方は以下のボタンからお問い合わせください。

倉庫・工場が賃貸でも
​ご相談ください!

賃貸管理のエキスパートが大家様との交渉をお手伝いします。

テナント倉庫、テナント工場の暑さ対策で、大家さんとの交渉をお手伝いいたします。

私たち株式会社プラスアルファは、賃貸管理を専門にした部門を持っています。

 

そのため、大家様の気持ちもテナント様側の気持ちもよくわかり、交渉のノウハウもございます。

大家様、テナント様がWin-Winになれるよう提案・交渉させていただきます。

​テナント倉庫、テナント工場の暑さ対策をお考えのお客様はぜひご相談いただければと思います。

42℃だった倉庫を冷房なしで29℃にした
リフレクティックスを使って、
​工場や倉庫を涼しくしませんか?

今なら今年の夏には涼しくなります。しつこい営業はありません。

リフレ透過.png

真夏の屋根の一部にリフレクティックスを貼る実験

​貼ってある部分は気温に近い温度になっている

CIMG2736_edited.jpg
FLIR0064.jpg

発熱するダクトにリフレクティックスを巻いた事例

​点検のために巻いていない部分との温度の比較

FLIR0164.jpg
FLIR0163.jpg
保温実験_edited.jpg
保温実験_edited.jpg

計測開始10分後

①のリフレクティックスでは、材料面での熱損失はごくわずか

​②の断熱材は面からの熱損失が確認できます

よくある質問

Q.一般的なアルミシートとの違いは?

A.⑴反射率、⑵耐久度です。

リフレクティックスは純度の高いアルミを、接着剤を使わずに接着しています(プラズマ接着)。

​対してアルミシートは、細かくしたアルミを吹き付けて接着しています(蒸着)。そのため表面には細かい隙間があり、反射率は大体35~60%程度です。

​また、接着剤が酸化により劣化するため、剥離などが起こります。

​Q.冬は寒くなりませんか?

A.なりません。

寒冷地であるカナダで寒さ対策として生まれました。

寒さ対策として導入されているお客様も多くおられます。

Q.断熱材とはどう違うのか?

A.目的は同じ。でも“発想”が違います。

断熱材は「熱の伝わりを遅くする」素材なのに対し、遮熱材は「熱の発生を防ぐ」ためのものです。

​暑さ対策という目的は同じですが、アプローチは完全に違います。

Q.効果が弱まることはありますか?

A.理論的には半永久的に使えます。

リフレクティックスは、劣化の主な原因である紫外線を反射するので、理論的には半永久的に使えます。が、摩耗や汚れにはあまり強くないため、ご利用状況によって異なります。

​お問い合わせ後の流れ
マガジン
カタログ送付

リフレクティックスについて詳しく説明している資料を送付いたします。ご希望の方は申し込みフォームに「カタログ希望」とお書きください。

チーム会議
面談打ち合わせ

お客様がどのような暑さに困っているのか、なにが暑さの原因なのかなどをヒアリングし、​遮熱工事についての説明と提案をいたします。

職場での技術者
現場調査

施工現場の調査に伺います。

(打ち合わせと同日に行う場合もあります。)

​工期や施工方法などを相談させていただきます。

4974300_m.jpg
お見積書提出

お見積りを出させていただきます。ご了解いただけた場合、工事の手配をさせていただきます。

問い合わせ
今年の8月を涼しく迎えましょう。

今お問い合わせいただければ、今年の夏にも間に合います。
​しつこい営業はありません。この問い合わせで支払い等の義務は一切発生しません。

私たちについて

リフレクティックスは責任施工制

リフレクティックスは、正しく施工しなければ効果が得られない建材です。

 

そのため、リフレクティックス単体を商品として売ることはできず、施工までしなければいけない「責任施工制」を取らせていただいております。

私たち株式会社プラスアルファは、「遮熱施工管理士」という資格を取得し認定された、認定施工店です。

共同事務所で経営している、同じく遮熱施工管理士の有限会社エコラウスと提携し、多くの現場での技術と知見の蓄積があります。

現在お客様がお取引をされている工務店さんとジョイントして施工することも可能です。

 

安心してお任せください。

株式会社プラスアルファ 顧問建築士
筒井俊之

212110_plusalpha_selects_0076.jpg

リフレクティックスの話を
聞いて人のために、
そして地球のためになると確信

ある日私は一人でリフレクティックスの講習を聞いていました。 これは素晴らしい。人のために、そして地球のためになると確信しました。 温暖化の中、これからは日本も遮熱材の時代になる事を予感しました。歳をとっても新しい事業を始めるのは、ワクワクします。

構想を練っていくうちに、リフレクティックスを扱うには本腰を入れた機動力と営業力が必要だという考えに至り、リフレクティックスを理解できる仲間を募りました。

しかし、建築屋の仲間は反応が鈍い者ばかりでした。 私が「これは良いんだぞ!」と、いくら声を張り上げても、断熱材を信じている技術屋は遮熱の話には見向きもしません。日本では建築屋もメーカーも「断熱材をいかに駆使して効果を出すか」ばかり考えているのです。アメリカなどでは一般に普及している遮熱材が日本には広まらないのはこれが原因なのかと痛感しました。

私は逆に、この状態はチャンスだと思いました。そんな矢先、遮熱材の話を私に持ってきた人がいました。 それがなんと、前職の部下で営業畑の大久保でした。


大久保がリフレクティックスのFAXでの案内を見せて相談してきました。 私がすでに受講済みであることを伝えたらとても驚いていました。 23年間同じ事務所に居ながら分業していたので行く道は別々でしたが、今、同じ道を歩き始めています。

リフレクティックスとの出会いは
1枚のFAXから。

筒井は建築士として、私は営業としてペアで業務を行い、数多く受注してきました。もしかしたら何か不思議な糸で結ばれていたのかもしれません(笑)

遮熱素材リフレクティックスとの出会いは、1枚のFAXでした。
「断熱より遮熱?」「宇宙素材?」という疑問を持ちながらも、筒井に話してみると、すでに講習会で現物を見てきており、「これは素晴らしいから、一緒にやろうよ」との話。それならと、私も早速講習会に行きました。

確かにこれは素晴らしい。
寒い建物、暑い建物の悩みを解消できる。冷暖房費が抑えられる。コストも申し分ない。これは売れる!お客さんに喜んでもらえる!そう確信して、二人で福島の郡山まで行って遮熱施工管理士の資格を取り、晴れてリフレクティックスの認定施工店となりました。

自分の家(ツーバイフォー2階建)にも、屋根裏に実際にリフレクティックスを貼ってみました。今まで夏暑かった2階の子供たちの部屋も夏涼しく、冬は暖房がよく効くようになりました。

日本の夏は現在、亜熱帯かと思えるほど暑くなってきています。
今後も車やエアコンは減らず、一方で緑は減り、残念ながら温暖化は進んでいくのではないかと思います。
熱中症で亡くなる方も増え、冬の部屋の温度差の違いによるヒートショック死は交通事故死の4倍になっています。そんな悲しい事故もリフレクティックスを使えば、簡単に減らせます!

株式会社プラスアルファ 代表取締役
大久保 広宣

212110_plusalpha_selects_0008.jpg

リフレクティックスの試験・証明

​特許第6835701号

環境省 CO2削減補助事業採用品

経済産業省 エネルギー使用合理化事業者支援事業採用品

経済産業省 ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業採用品

経済産業省 ネット・ゼロ・ハウス支援事業採用品

国土交通省 既存住宅・建築物省エネ改修緊急促進事業

国土交通省 トップランナー基準

国土交通省 不燃材料 製品No.DB48125 認定No.NM4033

​国土交通省 屋根30分耐火適合 FP030RF-1804(1)

その他多数実績あり

PC270007.JPG

運送会社の倉庫

夏は外よりも暑く、冬は冷凍庫よりも寒くなってしまう長野県の倉庫。

熱中症対策としてリフレクティックスを採用していただきました。

賃貸の倉庫のため、建物に傷をつけないワイヤー工法で施工しました。

PC270007.JPG

醤油製造会社の倉庫

町田市にある醤油の製造工場。簡易的に作られた倉庫の暑さ対策にリフレクティックスを施工しました。

一時的に使う簡易的な倉庫ということで、はじめは何も暑さ対策をしていませんでしたが、食品を置く倉庫のため暑さ対策をすることに。

冷房がなくて43℃の倉庫を13℃涼しく涼しくしたリフレクティックスで、光熱費のかからない涼しい倉庫を実現しました。

PC270007.JPG

5階建てマンション(三鷹市)

弊社が建設を請け負った5階建てマンション(三鷹市)を建設する際、暑さ・寒さ対策としてリフレクティックスを導入していただきました。

こちらのマンションは、現在は賃貸物件として弊社で管理をさせていただいております。

入居者の皆様にご協力いただいて、リフレクティックスの効果の調査いたしました。


==(最上階入居者より)==

夏、仕事から帰宅しても、部屋の中がむっとすることがなく驚きました。

平らな屋根で、夏の暑さを心配していましたが、真夏でもそれほど暑さを感じていません。心なしか冷暖房の効きもいいように思います。

冬も帰宅したときにどことなく温かみが残っているような感じです。

==============



==(1階学習塾より)==

今までのテナントは1階は寒いのが普通でした。

ですが、生徒が学習しているときも寒がる様子を見たことがありません。

エアコンの効きもいいようです。

=============

PC270007.JPG

山梨県の薬品工場

ビニールの防護服を着なければならず、エアコンを全開にしても汗がだらだら出てくる状態だった工場の屋根に、リフレクティックスを施工。

動くと出てきていた汗が出なくなったと喜びの声を頂きました。

PC270007.JPG

食品工場の屋根

調布市にある食品工場の光熱費削減策としてリフレクティックスを施工しました。

PC270007.JPG

食品工場のパッケージエアコン結露対策

リフレクティックスによる遮熱工法は、結露対策に有効な新技術だと岩手県に認定されました。(新技術等活用促進事業)

屋根にリフレクティックスの施工をしてくださった調布市の食品工場様。

エアコンダクトに結露が大量に発生し、掃除やお手入れに困っていました。
(食品工場なので衛生基準がとても厳しい)

そこで、エアコンダクトにリフレクティックスを巻き、結露対策を行いました。

「今までの結露が全くなくなり、驚きました。余計な掃除の作業も無くなり、仕事の効率もUPしました。」

との声をいただいております。

(リフレクティックスは結露対策効果が認められ、国立研究所にも導入されている)

エアコンダクトの結果に満足いただけたため、コンプレッサーの排気ダクトの暑さ対策にもリフレクティックスを施工させていただきました。

サーモグラフィーで効果を測定してみると、しっかりと熱を防げていることが分かります。

PC270007.JPG

ツーバイフォー住宅の屋根裏の暑さ対策

川崎市多摩区のツーバイフォー住宅の屋根裏に施工。

60℃以上の暑さだった屋根裏が外気温と同じ温度まで下がりました。

ペンシルバニア州立大学の報告によると、建物内で上から下への熱移動は93%が輻射によると述べられています。

そのため、屋根裏や天井近く、最上階の暑さ対策としてリフレクティックスは高い効果を発揮します。

PC270007.JPG

木造戸建ての寒さ対策

相模原市にある35坪ほどの木造戸建ての寒さ対策としてリフレクティックスを施工しました。

こちらの建物を所有しているお客様は、ほかのお客様からの紹介でリフォームを弊社に依頼してくださいました。

そこで弊社がリフレクティックスによる遮熱工事を提案。リフレクティックスを天井、壁、床下に施工し、足元の寒さにお悩みだった木造のお家を冬でも暖かいお家に生まれ変わらせました。

今年の8月を涼しく迎えましょう。

今お問い合わせいただければ、今年の夏にも間に合います。​
しつこい営業はありません。この問い合わせで支払い等の義務は一切発生しません。

+α-logo.jpeg

会社概要

商号:株式会社プラスアルファ

本社:東京都町田市成瀬が丘2-5-8

電話:042-796-7405

FAX:042-788-5650

会社設立:平成8年11月13日

資本金:1000万円

代表取締役:大久保 広宣

登録:宅地建物取引業

   東京都知事免許(5)76822号

:建設業

   東京都知事(般-28)第146141号

加入協会:(公社)全日本不動産協会

     (公社)不動産保証協会

bottom of page